フォト
無料ブログはココログ

« バラの植え替え | トップページ | 近況など1 »

ファンキーモンキーベイビーズが卒業式ライブに来てくれた

 3月8日の娘の卒業式、感動的に終わり、生徒が退場した後に主任の先生から
「急遽で申し訳ないのですが教職員が生徒に祝う会を行う事になりましたので・・」とアナウンス。一度クラスに帰って証書をいただいた生徒たちと保護者、2年生が再び体育館に集まると。
 「今から教職員一同でみなさんにお祝いのビックプレゼントをあげます。すぐはじめるから」と淡々とした校長先生の挨拶の後、
ミュージックとともに幕が開き、そこには、ファンモンが!!!
 「太陽の町八王子♪ーーー」と、サプライズライブが始まったのでした!!
 ファンモンを呼ぶ事は、最初は1生徒が書いた手紙だったみたいだけど(全国の学校からオファーが来るらしい)、解散前の最後の卒業式ライブの地を地元八王子でしたいというメンバーの思いと、うちの高校は2つの高校が母体となってできた新設校なんだけど、ちょうどケミカルさんの母校がその一つだったとこもあることと、加藤さんの高校時代の先生(担任ではないけど)がうちの卒業学年の学年主任だったこともあって、選んでくれたみたい。
その先生はオファーが来た時にぜひ実現してあげたい、生徒たちのためにも加藤さんを見届けるためにもって思ったそう。
でもやはり公立高校で芸能人を呼ぶ事、前代未聞のサプライズライブをやる事は本当にたいへんだったそう。教育委員会の許可をいただくために校長先生は何日も委員会に通ってお願いし、最後は辞職覚悟だったそうです。事故が起こらないか、機物が破損しないかなどなど。。。
 生徒たちはもちろん興奮して前に押し掛けていましたが、加藤さんたちの言葉を素直に聞いて、だれひとり場を乱す物もなく、そして、ファンモンだけに舞い上がる事なく、卒業して行く友人たちと肩を組み、拳をあげ、手をつないで、曲を聴いていました。
新曲でラストソングの「ありがとう」をどこよりも早く翔陽高校生に歌ってくれました。子供たちの心に大切な大切な思い出ができました。
先生方の愛に「ありがとう」です。
 アンコールに応えてくれて「ちっぽけな勇気」をみんなで歌いました。
感動的なライブでした。
この高校に娘を入れて本当に良かったです。勉強だけで高校を選ぼうとしてた私でしたが、それだけでは計り知れないほどの大きな財産が高校生活には含まれているんですよね。娘は部活でもクラスでもかけがえのない友人を得、全員の名前をおぼえてくださってた先代校長先生をはじめ、子どもの主体性を尊重して話を聞いてくれる、そして子どもたちを「素直で、一生懸命」と声を揃えて言ってくださるような先生方に囲まれて本当に楽しく高校生活を過ごしていました。
卒業式の際(ファンモンの前ね)、退場の時にクラスごとに退場したんだけど、まず1組さんたちが起立して歩き出す前に「○○!ありがとう!!」って声を合わせて先生の名前を呼んだのね。そして次々に次のクラスも・・・。先生方はみんな泣いてらっしゃいました。私ら親も感動しました。

 子どもがおられないうちのクラスの担任の先生は、「自分の子どもにはできないから」とお守りをクラス全員にくださりました。娘は「先生はうちらに何万円もかけてくれたんだね「」と感動してました。ちゃんと子どもたちにも先生の気持ちは伝わっていました。
都立翔○高校 ありがとう!!
追記:そんな娘は今日は女子の集まりでカラオケに行くと張り切っています。いってこーーーい!!

« バラの植え替え | トップページ | 近況など1 »

コメント

すごいサプライズがあった卒業式だったのですね。
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 思い出に残る良い記念ですね。

ご卒業 おめでとうございます。そして
また新たな道へ みんなそれぞれ
旅立たれるんでしょうね。(*^-^)

卒業おめでとうございます!
うちも小学校・中学校とダブル卒業式でした。

それにしてもファンモンですか!!
最高の思い出になりましたね。

4月からは親も含めて生活環境ががらりと変わるのでどうなることやら・・・

シムさん、
いつもありがとうございます。
なかなかコメント返せずすみません。
お互いに子どもたちの新たな旅立ちですね。
これからもよろしくお願いします

ちょしさん
お子さんのダブル卒業おめでとうございます。
そうなんですよ、ファンモンすごかったです。
あらためて解散がもったいないですね。

今年は角松さんは軽井沢に行く予定です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バラの植え替え | トップページ | 近況など1 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30